ホーム » 未分類 » ファミコンのキャラを描いてみる その1

ファミコンのキャラを描いてみる その1

ファミコンに登場するキャラを鉛筆で描いてみました。

 

アイスクライマー(任天堂 1985年発売)のポポ。

今でも根強い人気があるアイスクライマー。

当時小学生の私も毎日アイスクライミングしてました。

32面以降は、1面からの永久ループなのでエンディングはありません。

一生登り続けるポポとナナ。

 

 

ロードランナー(ハドソン 1984年発売)のランナー君。

ランナー君は元々悪の手先のロボットで、その物語をゲームにしたのが「ボンバーマン」です。

胸に「LR」の文字。右胸に「L」で左胸に「R」。ややこしいわ。

 

 

ロックマン(カプコン 1987年発売)のロックマン。

ロックマンは元々お手伝い用のロボットでしたが、洗脳されて暴れ出したロボット達を

止めるために、自ら戦闘用ロボットに改造されました。

お手伝いロボットなのに腹筋割れてるのは、改造手術の時にプロテインたくさん飲んだからです。これはウソです。

 

以上です。ありがとうございました。

 

青木ヒデオ(FITOPRO)

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です